もぎたて生スムージー 牛乳

もぎたて生スムージーを牛乳と混ぜて飲むと栄養の吸収が悪くなる?

あなたはこのような話を聞いたことがありますか?

 

スムージーは牛乳や豆乳(以後、牛乳と省略)で作ると栄養の吸収が充分にできないから水で作った方が良い

 

もぎたて生スムージー 牛乳

 

・・・もし、これが本当なら、もぎたて生スムージーを牛乳と混ぜて作った場合も、もぎたて生スムージーに含まれているビタミンやコラーゲンなどの栄養の吸収が充分にできないということになりますね。

 

牛乳が好きな方には大きな問題ですよね。

 

結論から言うと、残念ながらその通りです。

 

 

牛乳が好きな方にとってはガッカリな情報かもしれませんが、牛乳が好きな方こそしっかりと理解して、そのうえで、もぎたて生スムージーを牛乳に混ぜて飲むかどうかを決めていただきたいと思います。

 

なぜ、牛乳に混ぜると栄養が充分に吸収できないのか?

 

もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることで考えられるデメリット。

 

もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることで考えられるメリット。

 

・・・の3点についてご紹介いたします。

 

 

牛乳が好きな方こそしっかりと読んで判断していただきたいと思います。

 

それではまず「なぜ、もぎたて生スムージーを牛乳に混ぜると栄養が充分に吸収できないのか?」についてご説明いたします。

 

 

なぜ、もぎたて生スムージーを牛乳に混ぜると栄養が充分に吸収できないのか?

まずは一般的なスムージーについてです。

 

スムージーは牛乳で作ると栄養の吸収が充分にできないと言われる理由

牛乳は胃の内側に膜を作り栄養を吸収しにくくします。

 

そのうえ牛乳に含まれているタンパク質や脂質はスムージーに含まれている野菜や果物にくらべて消化に時間がかかるので、野菜や果物の栄養が吸収されるのを妨げてしまうからです。

 

そしてこれは、もぎたて生スムージーを作る場合にも当てはまります。

 

もぎたて生スムージーに含まれている栄養・・・

 

コラーゲン

 

乳酸菌

 

ビタミン

 

なども、牛乳に含まれているタンパク質・脂質に吸収をある程度さまたげられてしまう・・・ということです。

 

しかし・・・

 

ここで、はっきりお伝えしておきたいのは、もぎたて生スムージーの

 

一番重要な効果である置き換えダイエットを可能にする食物繊維(プランタゴオバタ)は牛乳に混ぜて作っても、まったくマイナスの影響を受けないということです。

 

なぜなら、置き換えダイエットを可能にする食物繊維は、もともと消化されて効果を発揮するものではなく、お腹の中で膨らんで満腹感をあたえ、そのまま消化されることなく体外に排泄されるものなので、まったく影響を受けることがないんです。

 

 

それではここで、もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜて作ることで考えられるデメリットをまとめておきます。

 

 

もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることで考えられるデメリット

もぎたて生スムージーに含まれている栄養の吸収をある程度さまたげられてしまう。

 

摂取するカロリーが牛乳200ml分(138kcal)増える。

 

チェック
しかし、もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることはデメリットだけではなくメリットもあります。

 

つぎは「もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることで考えられるメリット」についてのご紹介です。

 

 

もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜることで考えられるメリット

もぎたて生スムージーに牛乳を混ぜるメリットはこちらです。

 

牛乳に含まれているタンパク質などの栄養が摂取できる。
(食べる量を制限するダイエット中は栄養の摂取量も減ります。とくにタンパク質が減ると筋肉量が減り、1日に消費されるカロリーも減ってしまいます。)

 

水に比べて満腹感や腹持ちが良くなる。

 

もぎたて生スムージーの酸味(すっぱさ)が苦手な人は牛乳と混ぜることで酸味がやわらいで飲みやすくなる。

 

このように、牛乳を混ぜることにも、いくつかのメリットがあります。

 

あなたの体質や味の好みで判断して牛乳を使うか選んでみてください。
※たとえば・・・水で作った場合、置き換えをしたらお腹が空いてしまったから水よりも腹持ちが良くなる牛乳で作る・・・など

 

 

もぎたて生スムージーを牛乳と混ぜて飲むと栄養の吸収が悪くなる?のまとめ

今回は「もぎたて生スムージーを牛乳と混ぜて飲むと栄養の吸収が充分にできない?」という件について調べてみました。

 

わかったことは・・・

 

もぎたて生スムージーに含まれている栄養は牛乳に吸収をある程度さまたげられてしまう。

 

置き換えダイエットに一番重要な満腹感や腹持ちはむしろ良くなる。

 

牛乳と混ぜることで摂取カロリーが増えてしまう。

 

牛乳に含まれているタンパク質などの栄養が摂取できる。

 

満腹感や腹持ちが良くなる。

 

もぎたて生スムージーの酸味(すっぱさ)が苦手な人は牛乳と混ぜることで酸味がやわらいで飲みやすくなる。

 

・・・というように、それぞれメリットとデメリットがあり、
牛乳と混ぜて作るのが絶対に悪いとは言い切れません。

 

それにみなさん野菜を食べるときはマヨネーズやドレッシングのようなタンパク質や脂質を含んでいるものを普通にかけて食べています。

 

 

ぜひ、ご自分の体質や味の好みで、牛乳を使うかどうかを決めてください。

 

 

 

もぎたて生スムージーについて、もっとお買い得情報やお役立ち情報を見たい方はこちらの記事をどうぞ♪

 

オススメ記事

 

もぎたて生スムージーの口コミ悪い口コミは解決できる?

 

もぎたて生スムージーの効果は大丈夫?

 

もぎたて生スムージーの成分をご紹介

 

もぎたて生スムージーを薬局で安く買うには?